更年期障害の予防-適度な運有酸素動で心身を健康に保つことが大切です。

更年期障害の予防

適度な運動で心身を健康に保つことが大切です。

 

誰でも体調がすぐれないと気持ちがふさぎがちになります。しかし、体調の悪いことを気にしすぎると、かえって症状が悪化する場合があります。

 

気の持ちようだけで、更年期障害を乗りきることはできませんが、必ず治まるのですから、くよくよしないようにしましょう。

 

調子が悪いときは我慢せず治療を受け、心身の健康のためにウォーキングやサイクリング、エアロビクスなどの有酸素運動を生活にとり入れるようにしましょう。

 

心肺機能の向上、細胞の活性化、骨量の増加、肥満の解消などいろいろな効果があります。

 

栄養のバランスに気をつけ、食べすぎないようにすることも大切です。

 

気になる症状がなくても、日ごろの健康管理はしっかりやっておくことが更年期障害の予防に繋がります。

 

定期健診だけではなく、長期的な生活習慣病対策を専門医のもとで受けましょう。

 

60代、70代になっても生き生きした人生を送るためには、生活に潤いを与える趣味も大切です。

 

 

現状を把握して将来の更年期障害を予防

 

更年期の健康維持を考えたとき、それをスタートさせる時期としては、30代後半が望ましいでしょう。

 

この時期に現状を把握して、将来出てくるかもしれない病気のサインをつかみ、早め早めに更年期障害の対策を練って実践に移すことが、更年期のQOL(Quality of life=生活の質)維持には欠かせないことです。

 

たとえば、30代〜40代で背中が痛い、腰が痛い、疲れやすいといった症状があるなら、心臓血管系に負担がかかっえいるのではないか、骨粗しょう症のはじまりではないか、あるいはストレス過多で精神的な疲労がたまっているのではないか、というふうに考えられます。

 

不定愁訴は対策療法薬で症状は抑えられますが、根本的な解決にはなりません。むしろ環境要因も含めた生活レベルでのリスク因子を探し、それらを改善していくことが更年期障害の予防に繋がるといえます。

 

 

予防効果もある生活改善療法

 

予防効果もある生活改善療法更年期障害の症状が重い人には、女性ホルモン療法のような積極的治療が向きます。

 

しかし、症状が日常生活に支障をきたすほどでもない人は、まず、食事に気をつけたり、生活に運動をとり入れることから始めましょう。こうしたことは、更年期障害の予防にもなります。

 

運動

 

更年期障害による体調不良が、運動を続けることによって軽減されることは、各種調査によって明らかになっています。

 

運動の習慣のなかった人たちが週に3回、4か月間運動を行った後では、ほてりがほぼなくなり、発汗、不眠もかなり改善できたという調査結果もあります。

 

効果的な運動は、酸素を十分にとり入れる呼吸法を応用したウォーキングやエアロビクス、ストレッチ体操、気功などです。

 

食事

 

食生活で特に心がけたいのは、たんぱく質とカルシウムの摂取です。たんぱく質は基礎代謝力や消化吸収力を落とさないために必要です。

 

ただし、魚や肉などの動物性たんぱく質をとりすぎると、脂肪分まで過剰摂取となり、動脈硬化を促進してしまうので、脂肪分の少ない良質なたんぱく質をとりましょう。

 

エストロゲンの減少で骨からカルシウムが血液中に溶け出してしまうので、牛乳や乳製品、小魚、小松菜、大豆製品などを十分にとり、カルシウムを補給することが大切です。

 

また血行をよくするビタミンEも積極的に摂取しましょう。

 

カウンセリング

 

ホルモン値はさほど減少しなくても、環境因子などによって更年期障害が強く出ることもあります。

 

このような場合は薬物療法が必ずしもよいとはいえず、医師やカウンセラーに悩みを聞いてもらうだけでもかなり改善できることもあります。