プレ更年期 30代女性の月経異常

プレ更年期 30代女性の月経異常

本来の更年期にはまだ早い30代や40代前半の女性で、「若年性更年期」と称する症状が増えているといいます。

 

月経不順に始まり、のぼせ、ほてり、発汗などの症状は更年期障害に一見似ていますが、この年代で更年期入りしているケースはほとんどありません。

 

現代女性は生活が不規則で、ストレス過多に陥りやすい傾向があるとしても、閉経時期が早まっているなどという研究データはありません。

 

実は若年性更年期とよばれる症状はストレス過多や生活の不規則がベースにあって起こる一過性のホルモン分泌障害です。放置すると回復が困難になる場合もあるものの、原因が除去されれば自然に改善するものがほとんどです。

 

こうしたトラブルを防ぐには、まず自分の月経周期をよく知ること、そして、生活に問題があれば、そこを直していく心がけが第一です。

 

若いうちから、かかりつけの婦人科医を持ち、気になる体の変化を随時相談できる環境をつくっておくのも対策の一つです。

 

 

30代女性の月経異常

 

まだ更年期には早い年代で月経不順やそれにともなう不定愁訴が出た場合、俗に「若年性更年期」や「プレ更年期」などとよばれています。

 

これらは正式な医学用語ではなく、本来の更年期ともほとんどの場合、無関係です。

 

ストレス性の月経異常が多い

 

若い女性の月経不順や無月経は、ほとんどが治療可能です。ここが更年期女性との違いです。

 

原因として多いのは、ストレス性のものです。職場の人間関係で悩んだり、忙しすぎて過労になっていたり、あるいは無理なダイエットで急激に体重を落としたとき、ストレス性の月経不順や無月経が引き起こされます。

 

 

プレ更年期の自己管理

 

更年期の対策は、30代から始まります。身体的にはまだピークを維持してはいますが、人間関係などの環境要因は早めに意識して調整を始めたほうがいいです。

 

「プレ更年期」にあたる40代、そして閉経前後の50代も、その後の人生を豊かに生きるために心がけておきたいことはいくつかあります。

 

30代女性が気をつけたいこと

 

まだ早いと思うかもしれませんが、更年期に関する情報は30代から集めておいた方がいいです。「若年性更年期」という状態は医学的には存在しませんが、人間関係のトラブルや過労、過激なダイエットなどによって脳のホルモン司令塔が混乱をきたし、自律神経失調症のような状態になることは珍しくありません。

 

のぼせ、ほてりなど更年期に似た症状が現れ、3ヶ月以上もそんな状態が続いた場合は、婦人科で卵巣機能を診断してもらいましょう。

 

30代の場合、卵巣機能が低下していたとしても、多くは一過性なので、治療にホルモン薬が必要になることはあまりありません。ほとんどは生活環境の調整や、漢方薬やサプリメントを使う程度で、自然に回復していきます。

 

40代女性が気をつけたいこと

 

早い人では40代半ばくらいから、更年期特有の症状が現れます。疑わしい症状があったら、早めに血液中のホルモン値を検査するなどして、卵巣機能が今どんな状態にあるかを把握してください。

 

もし卵巣機能が著しく低下していた場合は、ホルモン補充療法(HRT)を試すこともできます。

 

一般にHRTの適応となるのは、エストロゲンが50pg/ml以下で、かつFSH(卵巣刺激ホルモン)が40mIU/ml以上です。

 

HRTに抵抗があるなら、漢方薬で全身のバランスを整える治療を受けることもできます。

 

40代では特に不調がなくても、2年に1回は骨検診を受け、自分の骨量を把握しておくことをお勧めします。骨量は加齢マーカーのひとつで、骨量低下は、すなわち生活習慣の乱れや女性ホルモンの低下を示唆するからです。