更年期障害の検査-多項目にわたる十分な検査が不可欠

更年期障害の検査

更年期障害の症状や現れ方、程度は多様です。

 

症状はどの年代でも起こる自律神経失調症の症状と一見、見分けが付きませんが、卵巣機能の低下は血液検査で判断できます。

 

気になる症状があるときは、最寄の婦人科で検査を受けるのが近道です。

 

更年期障害と思い込んでいたら、別の病気だったという可能性もあるため、検査は多項目にわたって行われます。

 

問診

 

症状だけでなく、食事、運動量、ライフスタイルなどについても質問されます。

 

女性ホルモン療法(HRT)を行う際に問題となる子宮筋腫の有無や、反復する原因不明の出血があるかどうかといった既往歴も聞かれます。

 

一般検査

 

身長や体重の測定、血圧測定といった一般的な臨床検査が行われます。

 

貧血や肝機能障害、腎臓疾患のスクリーニングとして尿検査も実施されます。

 

更年期指数

 

医療機関によってやり方は違いますが、症状の強さをアンケート式で答え、更年期障害の程度を点数化して、軽重を診断します。

 

婦人科検査

 

初診時に内診で子宮や卵巣の腫瘍の有無や大きさ、外陰の萎縮の状況をチェックし、子宮がんや卵巣がんの検査が行われます。

 

乳房検査

 

通常、触診のほかに、超音波(エコー)検査かX線検査(マンモグラフィー)を併用し、乳がん検査を行います。

 

血中ホルモン測定

 

エストロゲンや、卵胞刺激ホルモンの値などを調べます。

 

骨量測定

 

家族に骨粗鬆症の人がいるなどハイリスクの人、腰痛などのある人は、X線や超音波で骨量を測定します。

 

血液検査

 

総コレステロール、中性脂肪、高比重リポたんぱく(HDL)などの値を測り、動脈硬化の危険性や肝・腎機能の状態を調べます。